本文へスキップ

弁護士費用についてCOMPANY

基本的な考え方
旧弁護士倫理規定には、弁護士の気構えとして、以下の諸点が規定されていました。

一、弁護士は、正義を尊び自由を愛する。

一、弁護士は、真理を求め倫理を重んずる。

一、弁護士は、秩序を重んじ奉仕と勇気を忘れない。

一、弁護士は、財を貪らず権勢におもねらない。

一、弁護士は、人格を研き良識を養い学術をゆるがせにしない。

私たちの事務所では、上記気構えを忘れることなく、費用等の算定にあたっても、事件の性質に応じた適切な金額を設定しております。

弁護士費用とは
実費(印紙代等)、着手金、報酬、その他費用などが含まれます。
実費とは
訴状に貼る必要がある印紙代や郵便切手代などです。
着手金とは
事件に着手する前にお支払い頂く弁護士費用です。日本弁護士連合会旧報酬規定及び福岡県弁護士会旧報酬規定等を基準に一定の増減額等を行い算定します。およその目安としては、請求額などの8%相当額です。事件の内容に応じて最低額が御座います。
報酬とは
獲得した経済的利益に応じて発生します。経済的利益の額は、日本弁護士連合会旧報酬規定及び福岡県弁護士会旧報酬規定等を基準に一定の増減額等を行い算定します。
その他費用とは
鑑定費用や出張費用など
具体的な金額について
事案の内容や性質により異なります。ご相談後、見積額を提示致します。まずはご相談下さい。なお、ご相談時点で請求内容が不明確な場合や資料が不足している場合などは資料等が揃うまで見積もりをご提示できない場合も御座います。
民事法律扶助制度について
弁護士費用が負担できない方に対しては、民事法律扶助制度を利用した無料法律相談や弁護士費用の立替などが可能な場合が御座います。この制度を利用するためには一定の資力要件(月額収入が一定額以下など)が御座います。費用面について不安がある方もお気軽に相談下さい。

バナースペース

渡邊・城戸・馬場法律事務所

〒803-0816
福岡県北九州市小倉北区
金田2丁目8-30
アースコート小倉金田204
地図はこちら

TEL 093-591-2022
FAX 093-591-2113

執務時間:平日9時〜17時
※土日祝日、夜間の法律相談も可能
(予約制)
※24時間受付 メールフォーム